予約     TEL  0423157217

問い合わせ

ご意見、ご質問、メッセージ等々お気軽にお問い合わせください。

メモ: * は入力必須項目です


ブログ

ノドが絞めつけられる!咽喉頭異常感症、ヒステリー球~梅核気のツボ

喉が締め付けられる、喉がつかえる、のどに何か詰まっているようだ。そんな症状なら、喉に「ヒステリー球」が詰まっているのかもしれない! というお話。

 

実際、このような症状に見舞われると、耳鼻咽喉科を受診し、いろいろ検査を受けるわけです。喉が腫れている場合、慢性咽頭炎が疑われますし、また喉の奥に泡が見られるとき、逆流性食道炎かもしれません。

 

しかし、異常がない場合、それは咽喉頭異常感症、ヒステリー球、東洋医学で「梅核気」(ばいかくき)と呼ばれる症状かもしれません。

 

梅核気は東洋医学で気の滞り、「気滞」(きたい)で起こる症状です。気滞を起こす要因は、気候や飲食など様々ありますが、現代ではストレスで感情面が乱れることが多くの要因と思われます。

 

喜怒哀楽などと、感情の起伏のことを言いますが、気の滞りの症状を引きを起こす感情面の乱れを漢方では七つ感情に分類しています。それは「喜び、怒り、憂い、思い悩む、悲しみ、恐れ、驚き」の7つです。

 

そしてこの七つの中の「憂いや悲しみ」の感情が特に咽喉頭異常感症~梅核気と関係があると思います。というのは、少し専門的な話になるのですが、東洋医学では体の部分や感情などを5つのカテゴリーに分けて考えます。それを五行思想と言います。性質によって「木、火、土、金、水」のエレメントに分類します。肺や気道は五行に分類すると「金」に属し、「憂いと悲しみ」の感情も「金」に属するためです。つまり「憂いと悲しみ」の感情が長期間、からだに鬱積してしまうとそれが肺や気道を塞いでしまうというのです。

 

これを今風に言えば、

「花粉の季節になって、憂鬱。更年期で自律神経が乱れて気分も鬱っぽいし、気持ちも乱れてヒステリーを起こしそうになる」

といったところでしょうか?

 

こんな症状の方のために、“一つぼ”アドバイスします。

首のところにある「気舎」(きしゃ)というツボです。場所は鎖骨のすぐ上、喉の両脇で指で押すと指が奥まで入っていくところです。このツボを軽く押してみてください。ここには奥に「星状神経節」という、自律神経のセンターがあります。このツボをやさしく押すことで自律神経を整えることができますよ。

 

この星状神経節から少し上に中頚神経節という、もう一つの自律神経のセンターがあるので、このツボ、気舎から、水突、人迎といったツボにハリをして、自律神経を整えたりします。この時期、花粉症の方にもいいと思います。

 

 

鍼灸治療は自律神経のバランスをケアする施術です。自律神経症状は前述した咽喉頭異常感症のほかに様々な症状がでます。更年期のせいだからとあきらめる前に、ご相談いただければ幸いです。

腹痛や下痢に【裏内庭】のツボ

昨日、冷蔵庫にあったしめ鯖を食しました。ちょっと古かったのですが匂いと味で判断して自己責任で食べました。その夜、夜中に目が覚めた。お腹は重く苦しい。気持ちも悪い。

こんな時、鍼灸師なら裏内庭にお灸です。

 

昔から腹痛、嘔吐、下痢など食中毒の症状に効くといわれているツボがあります。

そのツボは【裏内庭】(うらないてい)というツボで足にあります。

 

足のツボで腹痛とか下痢が収まるといわれても信じられませんよね!

わたしも信じられませんね。

 

しかしこのツボ【裏内庭】は食中毒のみならず、妊娠中のつわりなんかにも使えるツボだといわれています。つわりの吐き気にも使えるらしいのです。

 

普通なら「へえ~そうなんだ」で終わるのでしょうが、鍼灸師なら試してみるしかないとその機会を虎視眈々と狙っていたのです。こういうのは自分の体で試してみるしかないんですよね、妊娠中に流産のツボを試していた強者の女性の鍼灸師もいました。いろいろ語弊があるのでそのツボのことは書きませんがね。まあ、その方は元気な赤ちゃんを産みました。とにかく自分の体で人体実験は施術家ならやります。

 

【裏内庭】は足の裏にあるツボです。正式なツボではない。内庭というツボはある。足の第二趾と第三趾の境目にあるツボ。裏内庭はその内庭の裏側あり、昔から食中毒の特効穴といわれています。ツボの見つけ方は、第二趾を折り曲げて指の腹が足裏に付くところです。

 

特効穴とはある症状に特別有効といわれているツボのことで、他にも頭にある「百会」というツボは痔に、膝裏にある「委中」は腰痛に効くツボとして古くから言われているのですが、実際に使えるかどうかは確かめないと分かりませんから。

 

【裏内庭】にお灸をします。お灸といっても温灸ではなく、直接皮膚にモグサを据えていきます。透熱灸というのですが、その名の通り、熱が皮膚を通ってお灸の熱さを感じるまでやっていきます。足の裏は皮膚が熱いので最初は何も熱さを感じないことが多いです。

 

そこでこの【裏内庭】のツボに1回、2回、3回……とお灸をしていくと少しだけ熱さを感じてくる。さらに回数を重ねるとやっと熱いと感じる。ここで終了だ。

逆に最初に熱さを感じたら、熱さに鈍感になるまで繰り返すのだ。

 

わたくしの場合はまだ鍼灸の専門学校に通っていた頃に、実際に試す機会が幸運にも?きました。冷蔵庫にあったしめ鯖を食しました。ちょっと古かったのですが匂いと味で判断して自己責任で食べました。そうしてら、夜中に目が覚めた。お腹は重く苦しい。気持ちも悪い。これは間違いなく当たったなと思った私は、裏内庭にお灸を始めました。

 

やはり最初は熱さを感じない。少しずつお灸の大きさを大きくしながら回数を重ねていきました。20回くらい繰り返しお灸をしたころ、気持ち悪さは収まってきました。さらに10回くらいしたらやっと熱いと思うようになりました。そのあと一度トイレに行きましたが朝起きたときは腹痛が収まっていました。

 

もちろん症状によって個人差はあると思います。食中毒の症状をツボにお灸で収める。こういうことは緊急事態であって通常はいらない知識です。でも世の中普通じゃないこともたまに起こります。今回の新型肺炎もそうでしょう。頭の片隅に入れておいても損はありません。

 

もちろん、食中毒の場合、通常は病院に行ってくださいね。

 

しかし、下剤が効きすぎてしまって、なかなか下痢が収束しないときとか、アレルギーで腹痛が起きる方、過敏性大腸炎などは試してみるのもいいと思います。

 

 

なにかありましたら、ご相談ください。